ブログトップ

 □アトピーと健康■
  さとねことのりくまのアトピー生活日記です。
  1か月以上続けている、オススメ健康法も公開!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -- - - - - - - -

◯1日2L(または1.5L)水を飲もう、と良く言われてるけれど
 実際みんな実行しているのかなあ?
忙しくて出来ないとか忘れるとかいう時期ってあると思う。
理由はそれだけじゃなくて、不健康だから身体がたくさんの水を
受け付けないのかも…
思えば私も、バリバリ働いていた20代は「気づくと喉が渇いていた」
という事がしょっちゅうあったし、「朝コップ1杯の水を飲もうと
試みたはいいけど、何だか喉を通らない」とかね、「水じゃなくて
味のついたもの(お茶など)が飲みたい」という感じでした。

◯水、がぶがぶ飲んでます。
水をたくさん飲めるようになったのは、カナダ(2005年11か月間)
に行った時から。
もともと水分はたくさん採った方が良い事はわかっていたから
どこかで意識していたんでしょうね、気づけば余裕で水もしくは
お湯を1日2L飲むようになっていました。
カナダの水が美味しかったからではなく、自分が健康になっていった
からだと思っています。

◯水の飲み方
冷たい水は、胃腸の弱い方には良くないので
常温で飲む事をお勧めします。
朝起きてすぐの1杯、寝る前の1杯からスタート。
最初はちょっとキツイかもしれませんが、慣れると2杯ずつ
飲めるようになります。

TVでも雑誌でも良く言われてるという事は、やっぱり大事な
事だと思います。
あなたのために動いてくれる身体のひとつひとつの細胞の為に
お水をあげて下さいね。
水の種類については、一概に水道水、ミネラルウオーター等、
どれが良いかは色々な考え方があるので意見できませんが、
私は基本的に水道水を飲んでいます。
まずは水を飲む習慣をつけることが大事なので
ご自身が飲みたいと思う水で良いと思います。
[PR]
# by hibikansya | 2006-06-01 12:14 | 健康 | Trackback(1) | Comments(2)

今回は週末だけではなく、台所の模様替えをした時に
なんとなく一週間このテーマをしようと思いました。

○平日にした事
家中のレースのカーテンを洗う、台所の模様替え(冷蔵庫や
電子レンジの位置を変更して前より利用しやすくなった)と
台所の床などの拭き掃除、
今もプチ模様替え(観葉植物の位置を変えたり)
先週の洋服棚の整理続き。

○4月22日(土)
のりくまと一緒に、日帰りでさとねこの実家(旭川市)へ。
さとねこ父に、婚姻届の証人欄記載してもらう。
※すでに私たちの署名と、のりくま父の証人欄、記載済

東川町のおばあちゃんと旭川市内のおばあちゃんと会う。
東川ばあは、数年前足の骨折で入院した際、とってもとっても
弱気になっていたけど、回復し超元気になっていて安心。
さすが、農家の人は強いです。
私たちは来年、北海道神宮で神前結婚式をし、新婚旅行は
二人だけではなく、家族旅行にしたいと決めていて、お互いの
両親と祖母とみんなでハワイに行こうと告げる。
実は東川ばあ、ずっと前からハワイに行くのが夢。
「夢みたい」と、とっても喜んでもらった、よかった。

でも今度は旭川ばあが、数カ月前に手術して以来、痩せてしまい
退院後も体重が増えず、すっかり弱気で「ばあちゃん、もう駄目だ」
という。
来年ハワイに皆で行くよ、来年までに元気になってと励ます。
「あらー、ばあちゃん死ぬ前に一度ハワイに行って見たいんだー
でも駄目だー」
駄目だ駄目だと言いながらも、行きたい気持ちがあるので
少し安心。
どちらのおばあちゃんも、のりくまに会って大喜び。

さとねこ母は私が幼稚園児の時に仕事をしていたので、私は
旭川ばあちゃん子。
旭川ばあが、のりくまに「この子は本当にわがままだから、
でもばあちゃん可哀想で強く叱れなくてね、だからわがままは
おばあちゃんの責任なの、ごめんなさいね」と言う。
私が高校生の時、父の仕事の都合で私は両親きょうだいと離れ
祖父母と暮らしていた。
おばあちゃんは毎日お弁当を作ってくれた。
「自分の事は自分でやる。みんなに迷惑をかけたくない」と
人一倍健康に気づかっていた、きれい好きなおばあちゃんが
こんなに弱気になって、お掃除も面倒と言う姿を見て
今大事にしなくて、いつ大事にしてあげられる?と思った。
二人のおばあちゃん(実は、のりくまおばあちゃんも同じく)
大正13年生まれ。
来年の家族揃ってのハワイ行きは、揃って海外へ行く
最後のチャンスだと思っている。

○4月23日(日)
入籍しました。
都合により、この日の日記は非公開です、ごめんなさい。
来年、結婚式をする予定なので、その時に公開予定です。

「名字が変わる」という、気分転換どころじゃない変化が
あったのでした。
以上、「気分転換の週にしよう」でした。

追記
[PR]
# by hibikansya | 2006-04-22 16:00 | さとねこ日記 | Trackback | Comments(1)

○4月15日(土)
二人で散歩、私は家のお掃除、のりくまは玄米炊く。
昼、友達のちいちゃんが遊びに来て、さとねこ作の
和風スパゲティを一緒に食べる。
午後から私、ちいちゃん、のりくまの3人で北海道神宮へ
(「判官さま」品切れ、残念)。

○16日(日)
私は洋服棚の整理、のりくまは窓ふき。
どちらも3時間程やりましたが終了せず、次回に持ち越し。
でもキレイに掃除をしたので、お互い満足、ハッピー!
タイヤ交換したかったけど、雨でできず。
図書館へ行き、本とDVDを借りる。

以上、「週末に衣替えしよう」でした。
[PR]
# by hibikansya | 2006-04-15 16:00 | さとねこ日記 | Trackback | Comments(0)

日記 「楽しい週末」

3月31日(金)、私は数年前に購入した中谷彰宏さんの
「朝に生まれ変わる50の方法」「週末に生まれ変わる50の方法」を
読んだ私は、さっそく「今週末は早起きして楽しい週末を過ごそう」
と考えました。
欲張りなので、両方いっぺんにやってしまおうという訳です。
このような実践型の本は、ひとつかふたつで良いので
これならすぐできるゾという項目を見つけ、即実行するのがポイント。
あとで…と思うなら、しばらくやらない=今やらなくてもいいこと
(出来ないこと)。
計画のたて方は人それぞれ違うと思いますが
予定をぎっしりにすると、計画に追われてちっともさっぱり楽しくない!
予定通りいかないとストレスがたまってしまう!という事で
私の場合は自分が最初に頭に描く「やりたい事−30%=実行可能」。
実行可能か、楽しめるかをイメージしながら予定を立てます。
そして休日の予定を立てる時は「やらなければいけない事」を
極力はずします。
中谷さんの本にあります、
「週末は神様がくれた寄り道の時間。寄り道を多いに
楽しみましょう。お利口さんなことは平日にすればいいのです。」

さてさて、ここからが私とのりくまの週末日記。
○3月31日(金)
土日を楽しむ為に、早めに就寝。

○4月1日(土)
早起きしてNHK「みんなの体操」、中島公園まで散歩(往復約1時間)、
車で小樽へGO(大正硝子館のガラス商品が本当に素敵でした。
車の中で手作りお弁当を食べました)、
14時頃に札幌に戻り自宅で休憩。夕方、車で中央図書館へ
(私は本を3冊借りました)。
生協でお買い物、帰宅。

○2日(日)
徒歩+地下鉄で北海道神宮へ(六花亭のお餅「判官さま」美味し
かった。
北海道神宮より一つ前の地下鉄駅を利用し、行きも帰りも
ブラブラ散歩。
行ってみたいうどん屋さん、パン屋さんなどたくさん発見有)。
お昼に帰宅、昼食。
のりくまは玄米づくり(長岡式酵素玄米というもので、約2時間
かけていつものりくまが作ります。私は一度も作った事無し)
その間私は読書。
夕方、CDショップに行き、CDをいくつか視聴(最近は、ほぼすべての
CDが視聴出来るというのは嬉しいですよね)。

以上、「楽しい週末」でした。
[PR]
# by hibikansya | 2006-03-31 16:00 | さとねこ日記 | Trackback | Comments(0)